助監督から看護師に転職した情報ブログ

ナースの絆

スポンサーリンク

未分類

看護師新人時代の始まり

投稿日:2017年1月9日 更新日:

新人ナース時代の始まり

前回の記事で私の学生時代の問題児要素は看護師になってからも続いていました。

過去記事↓
看護学校に入学するまでの軌跡
http://nursenokizuna.com/kanngogakkounyuugaku

看護学校を無事何とか卒業し、新人ナースとなった私ですが、一番最初に就職した病院急性期の病院でした。
そこで働くことになったお話、私の新人ナース時代のお話を書こうと思います。

スポンサーリンク

外科病棟に配属

私が一番最初に就職した病院は、同じ看護学校のクラスメートが7人程同じ就職先になり、一緒にその病院に勤めることになったんですよね!

もちろん、他の学校から就職した同期もいっぱいいました。

今思えば、同じクラスメートがいたって事はすごく心強かったと思います。

そんな1年目の、初めての勤務場所は、「外科病棟」。

入職の際、どの科に行きたいのかって希望を取るんですよ。

やる気があった私は第一希望を「循環器病棟」に希望していました。

先に循環器病棟に入って、心電図を読めるようになりたいと思っていたんですよね…。

しかし!配属先は「外科」。

まぁ、外科も毎日オペがバンバンあるような病棟だったので勉強になるかなぁって思って、そこで働くことになったんですよね。

同じクラスの人とも同じで(結構年上)、1人じゃなくて良かったなぁと思いましたよ。

私の仲良かったクラスメートなんかはオペ室勤務になって同じ学校のクラスメートはいなかったですからね!(他の新人はもちろんいますけどね)

私と同じ外科病棟に配属になったクラスメートはもともと正看護師になるまえに准看護師として10年以上のキャリアがあるベテランでした。

正看護師としては新人だけど、現場に関しては自分のプリセプター(指導者)より経験も年齢も上なので、その人のプリセプターはやり辛かったとは思います。

他の地方や学校から来た同期もいました。

私も1回社会に出ているので同期の中では少し年が上の方でしたね!自分のプリセプターも年下でしたね。

私は社会経験はあるものの、看護師としては初めての病院勤務!

夢と希望緊張と不安に満ちた新人生活が始まるのであった…。

スポンサーリンク

研修開始

新人の頃は、毎日が勉強です!!

まず、現場に出るまでの3ヶ月くらい?は毎日研修研修で、患者さんがいる現場に出るまでは時間がかかります

研修で何をするのかと言うと、今まで看護学校で習ってきた応用みたいな感じで、オムツ交換の仕方から注射(筋肉注射、皮下注射、静脈注射など)の指し方を学んで新人同士で刺しあったり、急変時の対応の仕方など、学ぶことは色々ありました。

看護学校で↑上記内容はやってきたし学んできたのですが、病院によって緊急の対応方法などは、多少やり方が違ったりするので研修はそういった事を詰めていき、現場に出られるように勉強する様な感じです。

看護師にとって「記録」という物があり、それの書き方なんかも研修で学んでいく様になっています。

記録」って多分看護師の役割の中では一番大変な業務、そして一番時間がかかる業務でもあるのです。

スポンサーリンク

記録について

看護師って、イメージ的に注射をしたり検温を取ったりと主に患者さんと触れ合っているようなイメージがあるのですが、仕事はそれだけじゃありません。

優先順位は「記録」って低いのですが、仕事量が一番あるお仕事です。

どういったものかと簡単に言いますと、

●バイタル(検温)や患者さんの今の状態などをカルテに記録する
●使用した内服薬や点滴などを「いつ何で使ったか」を記録にする
看護計画(その人に合った看護計画)(→他職種でいうとプランみたいなものかな?)の記録
●褥瘡アセスメントや転倒転落シート(リスク)の記録
●入院時の聴衆したものの記載など
●オペ後の状態の記録
●退院時の看護サマリー(他の病院や施設などに行く際など、そこに行ってもその施設の人が見て分かるように書く)
→何で入院して、どういう治療や看護をして現在はどういう状態なのか。飲んでいる薬は何かとかそんな感じ。

…など、書ききれないくらい「記録」に関するお仕事はいっぱいあります。

看護師の仕事はほぼ記録になります。

この記録の大切な所は、自分がその患者さんをどうみているか現在はこういった状態だけれど、今後何が必要であるかなどアセスメントが必要になってくるんですよね!

ただ書いているだけじゃないんですよね!

知識もないと書けません…。

よって、新人(ベテランさんも)この記録業務に日々追われちゃうんですよ。

その日に何人も受け持つ患者さんの治療をし(点滴、オペなど)、それを自分の目で記録に残すんですよね。

新人の頃なんて、患者さんと接して看護をするだけで1日が終わるのですが、その業務が終わってから記録になってしまうことが多いから、新人は残業っていうか時間がかかっちゃうんですよね。

そんな感じでほとんどの看護師が苦労している事は、記録だと思います。

そういった看護師の仕事の部分で大切な「記録」の部分は研修で多くの時間を消費し、学んでいく形になります。

研修後の、私の新人の時代の頃はまたもや「問題児」、そのお話はまた次回とかかな…。

ブログランキングに参加しています。
いいなぁと思ったらクリック宜しくお願いします!

ブログランキング

-未分類

Copyright© ナースの絆 , 2017 AllRights Reserved.